コラム-column32

不動産投資でローンが組める必要な自己資金とは

用意すべき自己資金とは

不動産投資をする際に、ローンを組んで物件を購入するケースが多いです。
そのため、自己資金はそれほど必要がないと思っている人もいるのではないでしょうか。
自己資金がなくても、家賃収入からローンを返済していくことができれば金銭面の負担を軽減しながら不動産投資ができるというイメージがあります。
しかし、自己資金は全く必要がないというわけではありません。
ある程度の自己資金がなければローンを組むことができないからです。
不動産投資用のローンであれば、70万円から80万円ほど用意していれば利用できるでしょう。
2000万円の物件は、頭金の10万円とローン諸経費で60万円から70万円ほど必要です。
しかし、ローンを組む際の条件は借入状況や年収によっても変わってきます。
状況によって異なるため、ローンが必ず組めるというわけではありませんが、ある程度の自己資金は準備しておかなければなりません。
 

自宅用が完済していない場合は利用できる?

マイホームのローンが完済していない状態で不動産投資用のローンも利用できるのか不安な人もいるでしょう。
利用できないというわけではありませんが、この場合も返済の残高や年収によって条件が変わってくるため注意してください。
また、勤務先の条件によっても受けられない場合や金額、借入年数などの条件で判断されるケースが多いです。
中には、マイホームとして物件を購入し、それを賃貸しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
また、転勤で単身赴任になったり、家族一緒に引っ越しをしている家庭はマイホームを建てても住むことができません。
住んでいないお家のローンを支払い続けるのは負担が大きいため、居住するまでの期間、賃貸をして家賃収入を得ようと考える人もいます。
しかし、投資用と自宅用の融資は異なります。
投資用で買ったものを自宅にしたり、自宅用として組んだものを他人に賃貸したりすることはできないのです。
その際にはローン契約を変えることや、知れると一括返済が求められるケースがあるため注意してください。
このように、融資を受ける上で注意しなければならないことがあります。
しっかりと把握した上で、投資をしてみてはいかがでしょうか。
 

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP