コラム-column21

サラリーマンが不動産投資で注意すること

始める前に知っておきたいこと

始める前に知っておきたいこと

これから不動産投資を始めようと考えているサラリーマンもいるのではないでしょうか。
投資の中でも比較的始めやすいですが、注意しなければならないことがあります。
一つは、始めやすいと言っても必ずリスクが伴うことです。
うまくいけば利益が出ますが、逆にうまくいかない時は損失が出てしまう可能性があります。
不動産投資はリスクが低いと言われていますが、物件を買って貸し出せば必ず利益が出るというわけではないことを理解しておきましょう。
二つ目の注意点は、空室期間が発生する可能性があるということです。
多くのサラリーマンは物件を購入する時、銀行から融資を受けます。
購入したお部屋が全て貸し出すことができ、退去する人がいてもすぐに新しい人が入居してくれたらローンの返済も順調に行うことができるはずです。
しかし、入居率が低いと空室期間が発生してローンの返済が難しくなることも少なくありません。
最終的には完済できないまま手放すことになるでしょう。
そうなると多額の借金だけが残ってしまうため、物件選びはとても重要です。

 

いい物件でも様々なリスクがある

いい物件でも様々なリスクがある

立地条件がよく、需要が高い物件を見つけることができても、時間と共に価値が下がるということも理解しておきましょう。
1、2年で大幅に価値が下がるということはありませんが、長く運営している中でトラブルが発生し、いざ売却しようと思ってもいい金額で売れることは期待してはいけません。
また、自然災害が起きる可能性も考えておくことが大切です。
適切な運営、管理をしていても自然災害は予測できるものではなく、完全に防ぐことはできません。
しかし、できる限りの対策を実施することはとても重要です。
建物の対策はもちろん、保険へ加入するなど自然災害が起きても損失を最小限に抑える取り組みをしてください。
他にも管理会社の選び方に気を付けましょう。
信頼できるパートナーを見つけなければ、成功しません。
このようにサラリーマンが不動産投資を行う際は様々なことに注意する必要があります。
何も知らずに始めると大きな失敗をする危険性があるため、気をつけてください。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP