コラム-column20

不動産投資の借り入れリスクについて

知っておきたいリスク

知っておきたいリスク
投資の中でも不動産投資はリスクが低いというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、不動産投資にもいくつかのリスクが存在します。
その一つが借り入れです。
ほとんどの人が一括支払いで物件を購入するのではなく、金融機関からの融資を使います。
そのほうが相続税も少なくなり、メリットがあると言えます。
また、担保になる資産があるため、レバレッジ効果が高いと言えますが、何件も物件や棟、土地を所有するとローンも億単位になり、本当に全て完済できるのか不安になるものです。
不動産投資はマイホームを購入する際に利用する住宅ローンとは異なり、入居者からの家賃収入で返済していくことになるため、赤字にならないようにシミュレーションをしなければなりません。
年間の想定年収だけでなく運営中にかかってくる費用をとローンを差し引くと手元に残るお金が算出できます。
一棟空きが出た場合、二棟空いた場合など一棟に対する入居率をシミュレーションして、空室が発生した時にも赤字にならないように計画していくことが大切です。

 

団体信用生命保険に加入すると

団体信用生命保険に加入すると
ワンルームマンションは入居率が100%か0%のどちらかになるため、退去する人が出れば赤字になります。
そのため、戸数が多いほど空室リスクは軽減します。
また、複数棟を所有する際は、初めの1、2棟は団体信用生命保険に加入しておくと、ローンを組んだ人に何かトラブルが発生しても借り入れが弁済されるため、おすすめです。
弁済されるということはローンを返済する必要がなくなるということであるため、手元に残る現金が大幅に増えるというメリットがあります。
団体信用生命保険の仕組みをしっかりと理解して、借入に対する不安を減らしましょう。
このように借り入れにもリスクがありますが、対策や工夫をすることで軽減させることができます。
他にも金利についてや、修繕、災害などで問題が起きることも少なくありません。
少しでも不動産投資の成功率を上げるために、メリットだけでなくデメリットなどを理解した上でしっかりと対策をして運営することが大切です。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP