コラム-column18

サラリーマンが不動産投資をするメリットとは

利点を知っておこう

利点を知っておこう
最近では副業を解禁した企業が増えてきました。
全体的な割合で言うと解禁している企業はそれほど多くありませんが、解禁されたら始めてみたいというサラリーマンも少なくないでしょう。
副業にも様々な業種がありますが、サラリーマンにおすすめなのは不動産投資です。
成功すれば安定的に収入が得られて企業勤めのように出社する必要もなく、本業と同時進行で運用することができます。
始める前には不動産投資について勉強をすることや物件の調査、空き家リスクを軽減するための対策、賃貸中のトラブル解決などやらなければならないことはたくさんあります。
しかし、サラリーマンが不動産投資を行うメリットがあります。
どのようなメリットがあるのかを知った上で始めてみてはいかがでしょうか。

 

安定した収入と認められやすい融資

安定した収入と認められやすい融資
安定した収入が得られるのは大きなメリットですが、それ以外にも利点があります。
一つは、土日だけでなく平日でも隙間時間を利用して運用できることです。
株式のように頻繁に大きく価格変動が起きるわけではなく、一度物件を購入してしまえば平日でも管理ができます。
平日は本業に専念したいという人も問題ありません。
土日を利用して管理できます。
また、他の投資家と競争をすることもないため、融資よりも返済額が大きくならなければ破産のも心配がなく安心です。
しかし、始める際の資金に不安を感じている人も多いのではないでしょうか。
物件を購入できるほど蓄えがないという人もいるはずです。
その場合は、物件購入を目的として銀行から融資を受けましょう。
誰でも受けられるというわけではありませんが、しっかり返済していくことができると判断してもらえば受けられます。
単に正社員として働いているだけでは審査が通らないのではないかと不安になる人もいますが、個人事業主よりも本業があるサラリーマンは会社から毎月安定した給料を受け取っているため融資が認められるケースが多いです。
個人だからといって断られやすいということではありませんが、正社員は銀行から見るとお金を貸しやすい対象なのです。
住宅ローンと同様に年収が高い人や勤続年数が長い人は受けやすくなる傾向にあります。
このように様々な利点があるため準備をした上で運用してみてください。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP