コラム-column09

ワンルームマンション投資で節税効果を得る

不動産投資で抑えるべき3つのポイント

ワンルームマンション投資で節税効果を得る
節税のために不動産投資を検討している人もいるのではないでしょうか。
節税対策のために不動産投資を行うのであれば、ワンルームマンションが効果的です。
土地の評価額が少なく計算されるタワーマンションで不動産投資を行なっている人も少なくありませんが、人気が出たため購入価格が高騰してしまうことや、固定資産税の増税につながるなどのデメリットがあります。
ワンルームマンションの不動産投資が節税に効果的だとされている理由は、貸家であることと、土地の持分が少ないことです。
タワーマンションも同じ要素を持っていますが、賃貸にすると空室になりやすい傾向にあります。
一方、ワンルームマンションはそのリスクを軽減することが可能です。
これから不動産投資を検討している人は様々なメリットがあるワンルームマンションで節税をしてみてはいかがでしょうか。

 

投資におけるリスクを知ろう

投資におけるリスクを知ろう
不動産に投資を行えば誰でも節税効果が得られるというわけではありません。
実際に、相続税対策として所有している土地に建てた集合住宅の空室に困っている人も多くいるのです。
成功させるポイントは自分が賃貸経営に向いているかどうかを判断することが挙げられます。
また、収支計算をしたり、実質利回りを適切に評価をしたり、資産価値の下落の見込み、空室や滞納リスク、経費を適切に見積もるなどもポイントです。
このポイントをおさえておくと失敗を防ぐことができるはずです。
誰でも手が出しやすい投資ですが、安易に始めると失敗する可能性があるということを知っておかなければなりません。
また、不動産投資会社の説明では、失敗のリスクについての説明が不十分な場合もあります。
知識がなければ適切かどうかの判断ができないため、リスクなどの知識を身につけた上で慎重に判断することが求められます。
上手に不動産を購入し、活用することができれば不動産投資は成功するでしょう。
特に、都心のワンルームマンションは賃貸需要が安定していれば賃料収入が得やすいです。
さらに、流動性も高く現金化しやすいため、相続税対策にも効果的だと言えます。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP