コラム-column08

不動産投資ではタイミングと物件を見極めよう

不動産投資で抑えるべき3つのポイント

不動産投資で抑えるべき3つのポイント
不動産投資は家賃収入で利益を上げていくため、早くにスタートした方が有利となります。
不況下においても最初に決定した家賃をほぼ維持できて安定した収益をあげられます。
しかし、闇雲に物件を購入すればよいわけではありません。
金融機関からの借り入れをする場合は、経歴や投資実績などの社会特定について調べられるため、少しでもよい条件の融資を受けるためには社会特性を上げることも考えていくべきです。
さらに、不動産投資における知識を高めていかないといけません。
不動産業者の言葉をすべて鵜呑みにしてよくない物件を購入してしまわないようにするには、関連本を読んだりセミナーを受講したりと勉強をしていかないといけません。
さらに、プロしかしない物件情報を入手するために、不動産業者や不動産投資仲間と密にコミュニケーションをとっていき、優良な物件情報を入手できたタイミングで購入するのがよいでしょう。
不動産価格は推移していくもので、予測をするのは困難です。
しかし、リスクを最小限に抑えることはできるため、シミュレーションを作成するのも効果的です。

 

安く購入して高く売るのが肝心

安く購入して高く売るのが肝心
不動産投資用物件を購入するときは、安く購入して高く売ることを前提として考えます。
日々価格が推移していくなかで注目すべきは国の政策となります。
金融機関が融資に前向きな姿勢を取り始めたときはチャンス到来と考えるべきです。
すでに十分な資金を有している場合は、優良物件を見つけたとしても今後建物が経年劣化していくことまで視野に入れて判断していくのがよいでしょう。
不動産投資物件を購入するのは1000件調べて1件購入するものです。
最高のタイミングを見極めるためには事前の調査が肝心となります。
リターンばかりに目を奪われることなく、リスクまで含めて決断すべきかを考えないといけません。
上記の点に注意して、利益が最大化するタイミング見極め、不動産投資に挑戦してみましょう。
実際に不動産投資を行う場合は、手続き等で不明点が多いと思いますので専門家に相談することをおすすめします。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP