コラム-column06

不動産投資初心者によくある勘違いとは

不動産投資の初心者が知っておきたいこと

不動産投資の初心者が知っておきたいこと
初めて不動産投資をするという人は、初心者によくある勘違いについて知っておきましょう。
不動産投資を成功させるための方法はたくさんあります。
しかし、勘違いをしたまま不動産投資を続け、失敗してしまう人もいるのです。
成功体験を聞いたり、書籍を読んだりと情報収集している人も多いのではないでしょうか。
他者の成功体験を知ると、自分も成功しそうな気がするものです。
しかし、成功体験と全く同じ状況や物件はありません。
そのため、初心者が成功体験と同じ方法で不動産投資をすると自分も成功するといった勘違いをしてしまい、失敗してしまうでしょう。
不動産投資を行う前に、初心者にありがちな勘違いを知っておくことで失敗の回数を減らし、成功に近づくことができます。

 

不動産投資でよくある勘違い

不動産投資でよくある勘違い
初心者によくある勘違いの一つは、仲介業者から勧められた通りに不動産を購入してしまうことです。
条件の良い不動産もありますが、同じマンションが契約時よりも低価格で売買取引がされていることがあります。
不動産投資の勉強を行い、知識を身につけていれば回避できることです。
また、不動産投資の勉強方法も勘違いしてしまう人が少なくありません。
不動産投資に興味を持った時、書籍を読んだり、ネット上での情報収集をしたり、無料セミナーに参加したりする人が多いです。
しかし、これだけでは不動産の選択基準ができていないため成功しません。
仲介業者から言われるがままに不動産を購入すると、住宅ローンだけが残るでしょう。
住宅ローンの支払いが困難になった時、売却を検討するのが一般的ですが、その際にも売却損が発生します。
正しい学習方法は、有料のセミナーに通う、実際に不動産投資で成功した投資家に話しを聞く、取引先との情報交換を行う等があります。
無料セミナーでは営業を兼ねた情報が多く、アドバイスが偏ります。
費用はかかりますが、成功するために有料のセミナーに行きましょう。
また、5年以上投資を行っている投資家に不動産の選択基準や、融資手法を聞いてください。
取引先との情報交換では市場の変化や流行を知ることができます。
このように、知識不足のまま不動産投資を始めると失敗してしまう可能性が高くなります。
不動産投資初心者の方は、事前準備を十分にしてから望むようにしましょう。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP