コラム-column11

不動産投資におけるサービス付き高齢者向け住宅

不動産投資をするならサービス付き高齢者向け住宅

不動産投資をするならサービス付き高齢者向け住宅
不動産投資を始める人の中には、サービス付き高齢者向け住宅を検討している人もいるのではないでしょうか。
日本は高齢化社会が進み、世界の中でも高齢化先進国です。
その需要を考えると、サービス付き高齢者向け住宅で不動産投資を検討する人が少なくありません。
サービス付き高齢者向け住宅とは、2011年に高齢者住まい法の改正により、高齢者円滑入居賃貸住宅、高齢者専用賃貸住宅、高齢者向け優良賃貸住宅が廃止されて一本化した高齢者向け住宅のことをいいます。
内装は全面バリアフリー化が施され、自由に利用できる共同設備が充実している住宅が多いため、老人ホームやデイサービスを利用する必要がありません。
自立した生活をしたい人や軽度の支援のみで生活ができる高齢者に向けた住宅です。

サービス付き高齢者向け住宅のメリットとデメリット

サービス付き高齢者向け住宅のメリットとデメリット
不動産投資としてサービス付き高齢者向け住宅を運営するメリットは、一定の条件を満たしていると、建設費の補助金や融資制度が利用できることです。
通常であれば、高齢者向けの施設はバリアフリーにしなければならないため、建設費が高額になってしまいます。
しかし、補助金や融資制度を利用すれば、賃貸マンションを建設するよりも初期コストを減らすことができるのです。
また、老人ホームやデイサービスと比較すると、社会福祉法人や介護事業者だけでなく、一般の不動産投資家でも運営がしやすいこともメリットとして挙げられます。
一般的な賃貸では入居者が少ない立地でも、サービス付き高齢者向け住宅であれば高い入居率が望めるでしょう。
しかし、補助金を受けるための条件がデメリットになる場合があります。
例えば、賃料設定に条件があることです。
また、住居型老人ホームは13平方メートルの住居面積が求められますが、サービス付き高齢者向け住宅は25平方メートル以上の住居面積が必要になります。
サービス付き高齢者向け住宅の条件を把握した上で、メリットの大きさを優先するのも良いかもしれません。
不動産投資を検討している人は、需要のあるサービス付き高齢者向け住宅の運営を考えてみてはいかがでしょうか。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP