コラム-column10

不動産投資における節税対策とは

不動産投資の節税

不動産投資をするなら
不動産投資をする人は多いですが、不動産投資をする際には節税について知っておく必要があります。
不動産投資の節税対策で挙げられるのは、給与所得から源泉徴収される所得税と住民税の節税です。
所得税や住民税の節税では、損益通算と減価償却がポイントになります。
損益通算とは、不動産投資によって得られる不動産所得で生じた赤字を給与所得から差し引くことです。
損益通算で給与所得を減らして所得税、住民税を節税するスキームと転売利益目的が一般的でしょう。
減価償却は、税務上、購入した資産を決められた耐用年数に分割して費用化することです。
土地は減ることがないため、減価償却ではありません。
しかし、不動産投資における建物は構造ごとに耐用年数が決まっており、その年の不動産所得から費用として差し引くことができます。
購入した不動産投資の物件の築年数が耐用年数以内であれば、収入から差し引く費用を多くすることが可能です。
損益通算と減価償却の2つで所得税と住民税の節税をしましょう。

節税は手元にお金を残す方法

融資利用特約について
不動産投資をする前から節税の準備をしておきたいという人も多いのではないでしょうか。
事前に準備しておくことで、不動産から得られる収益を多く手元に残すことができます。
確定申告の際は、青色申告をすることも節税の1つです。
他にも様々な節税対策がありますが、節税はあくまでも収益を少しでも手元に残す方法に過ぎないということを理解しておかなければなりません。
節税目的で不動産投資を始める人もいるでしょう。
節税対策に気を取られすぎるあまり、良い物件を賢く運用することは忘れてしまわないように注意してください。
節税のために不動産投資をするのではなく、不動産投資をする上でどの部分で節税ができるのか、どのように不動産収益を大きくできるのかを考えていくことが大切になります。
不動産を両親から相続、贈与の可能性がある人は、相続税や贈与税も節税が可能です。
不動産投資における節税対策について知りたい人は、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP