コラム-column07

子どもの将来を考えた不動産投資

子どものための不動産投資はポイントがある

子どものための不動産投資はポイントがある
老後の生活費確保やアーリーリタイアなどを見すえて、多くのサラリーマンが不動産投資に注目しています。
また、子どもに将来の資産として、残しておきたいと考えている人もいるでしょう。
不動産投資は、一度物件を所有したら、細かな売買を考えなくても良いため、忙しいサラリーマンにも人気があるのです。
また、子育て中にお金はかかるけれど、働きに出るのも難しい、という状況の女性は少なくないでしょう。
小さな子どもに手一杯で、時間が取れないという女性でも、不動産投資なら十分に収入を得ることができるのです。
子どものために行う不動産投資では、物件選びにもポイントがあります。
不動産投資は家賃収入で収益を上げて、物件そのものが残るというメリットがありますが、将来の子どもへの投資の場合には、価値が下がりにくい不動産物件を探す必要があるのです。
将来的に価値が下がってしまうような物件では、引き継いだ子どもの利益は少なくなります。
不動産投資で購入した物件が将来の財産となるので、将来の価値を見極めた物件選びが大切です。

投資物件は自由に使える

投資物件は自由に使える
不動産投資で購入した物件の家賃収入で資産を増やし、将来の子どもに財産を託すことができます。
一人暮らしをスタートできるような物件に投資することで、将来子どもが住めるというメリットもあるのです。
学生生活を過ごすための住まいとして利用することや、就職が決まればそのまま引き続き住み続けられます。
しかし、どんな物件でも良いわけではありません。
大切な資産になるので、大学やビジネス街へのアクセスの良い場所や、安全で治安が良い場所など、物件選びは重要です。
不動産投資した物件に、将来子どもが住むことで、家賃の負担もなくなります。
また、子どもが住まなくなった場合にも、親が住むことや賃貸として貸し出すことも可能です。
子どもの将来を考えた不動産投資には、物件の使い道や投資目的を考えた物件選びが重要になります。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP