コラム-column06

不動産投資の前に知っておきたい税金について

不動産投資でかかる税金

不動産投資でかかる税金
不動産投資で物件を所有することになったときには、不動産取得時と保有時、売却時にも税金がかかることになります。
不動産投資で取得時には、不動産取得税、登録免許税がかかり、保有している間には国定資産税や所得税と住民税がかかるのです。
また、不動産を売却するときに利益が出た場合には、譲渡税が発生します。
このように不動産投資には、様々な税金のきちんとした理解と、税金の支払い計画などを加味した上で、不動産投資への着手や運用が必要です。
不動産投資では、扱う金額が大きいので、経費に出来る部分もあります。
現物不動産投資で認められる必要経費は、損害保険料や修繕費、管理費や物件を探した際の交通費などです。
経費として計上できれば節税にもなりますので、経費についても知っておきましょう。
多くの税金や経費を全て把握するのは難しいので、不動産投資をサポートしてくれる業者や、税理士などの助けを借りることもできます。
プロの手を借りると、もちろん報酬の支払いが発生するため、不動産投資から得られる利益が目減りすると思われるかもしれませんが、きちんとした納税、法令の遵守といったことを考えると、高い支払いではないかもしれません。
さらに専門家のアドバイスによる節税なども期待できるでしょう。

不動産投資は節税にはならない

不動産投資は節税にはならない
不動産投資の前から、節税の準備をすることは、支払う税金を少しでも減らす方法です。
説税のための方法としては、青色申告をする、経費として計上する、家族の所有物として物件購入をする、などの方法があります。
またマンションでは、部屋数によっても特別控除の金額が変わってくるのです。
不動産投資の節税の方法は、いくつかありますが、節税効果より収益を増やす効果の方が高いでしょう。
資産家が相続税対策として不動産投資をする場合もありますが、一般の人は不動産投資しても、それほど大きな額の物件に投資することは少ないので、節税効果はあまり期待できません。
しかし、税制の複雑さや確定申告が難しいという理由で、不動産投資を諦めてしまうのではなく、プロの手を借り、不動産投資を行うこともおすすめです。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP