コラム-column04

不動産投資の節税は税理士へ

不動産投資とは

不動産投資とは不動産投資は、物件を購入し家賃収入を得ることや、売却して利益を得ることです。
これから不動産投資を始めようか検討している人もいるのではないでしょうか。
株やFXで利益を得ている人もいますが、リスクが大きいです。
不動産投資であれば、長期的に安定的に利益を上げることができ、リスクもある程度予測ができます。
不動産投資を行う際は、節税対策を行うことも重要です。
節税は、支払う税金を減らすイメージがありますが、税金を支払う計画をたて、計画通りの税金を支払うことでもあるので、不動産投資を検討している人は、節税についても考えましょう。

不動産投資の節税

不動産投資の節税不動産投資の節税のポイントの一つに、修繕があります。
物件を修繕すれば、建物の価値が上がり、賃料が下がりにくくなりますが、重要なことはタイミングです。
節税をするためには、物件の修繕計画や損益計画をする必要があります。
物件を所有している期間、全体の修繕費を修繕計画として見積もり、年度ごとの損益を見積もりましょう。
また、物件の価値を高めることや、寿命を延ばす修繕は、修繕費として扱われずに資本的出資となるため、判断する際には注意しなければなりません。
不動産投資を法人化することもポイントの一つです。
不動産投資で得たお金を残したい場合や、副業として行っている人は、法人化することで、不動産所得や不動産管理法人の収入として節税ができ、経費として認められるので、検討してみてはいかがでしょうか。
不動産投資をすれば、節税できるとのイメージが先行していますが、様々な節税があり、実際どのように節税になり、どのくらい節税できるかを分かっている人は少なく、専門知識が必要です。
知識がない中で、節税対策を行おうとしても、正しい判断ができない可能性があるので、不動産投資で節税を行う際は、税理士に相談することをおすすめします。
不動産投資の節税は、北島税理士・公認会計士事務所にご相談ください。
北島税理士・公認会計士事務所では、不動産投資の手順や適切なご提案を行います。
また、既に不動産投資を始めている人もお気軽にお問い合わせください。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP