コラム-column01

税理士と公認会計士の違いとは?

税理士と公認会計士の違い

税理士と公認会計士の違い税理士と会計士という言葉を聞くことがありますが、違いを知っている人は少ないのではないでしょうか。
税理士と公認会計士は、どちらも税務や会計などを中心とした業務をします。
しかし、それぞれに独占業務を持っていて、請け負う案件も大きく異なります。
まず、税理士の業務は、税務業務です。
納税者に代わって税務申告を行う、税務書類の作成提出の代行、税務に関する相談が主となります。
クライアントは主に、個人や中小企業、ベンチャー企業です。
一方、公認会計士の業務は、監査業務です。
監査業務とは、企業が作成した財務諸表が適正であるかどうかを評価します。
クライアントは主に大企業です。
これは、監査を受ける義務があるのは資本金5億円以上、または、負債の合計金額が200億円以上の株式会社という条件があるためです。
中には、公認会計士、税理士どちらの業務もこなし、活動している人がいます。
また、弁護士や弁理士などの資格を持った税理士や、会計士がいます。

どちらに相談するべき?

どちらに相談するべき?相談の内容ごとに、適切な専門家に相談をしましょう。
例えば、記帳代行では、税理士や公認会計士問わず相談することができますが、記帳は消費税や法人税などに関する問題があるため、税務に精通する専門家に依頼しましょう。
税に関する問題の中にも、節税に関する相談は税理士に相談してください。
税務相談は税理士の独占業務であるため、税理士でしか対応ができません。
M&Aに関する問題は、公認会計士に相談しましょう。
財務デューデリジェンスは、企業会計に関する専門的な知識が必要になるからです。
しかし、案件によっては税務の知識が必要となることもあるため、税務が関わる問題は税理士とも連携を取る必要があります。
相談や業務を依頼する際は、税理士や公認会計士がそれぞれ持っている資格の基礎知識を踏まえ、得意分野や経験なども合わせて考慮し、相談する専門家を選びましょう。

コラム一覧

06-6208-6230 24時間受付 オンラインお問い合わせ
PAGE TOP