コラム-theme01

税理士に関するお役立ち情報

税理士は、税務についての専門家です。
日本の国民には、税金を収める義務があるため、税金とは切っても切れない縁です。
しかし、税金についての知識は専門家でないと、理解することは難しいでしょう。
税金について知らないというのは、不利益となってしまうケースもあるのです。
新たに事業を起こそうとしている経営者の方や、不動産投資を始めようと考えている方にとって、税理士は欠かすことが出来ないパートナーになります。
税務に関する申告や申請の代理、調査への立会い、また、書類の作成など様々な面で税理士は、お客様をサポート致します。
何か税務に関する困ったことがあれば、税理士にお気軽にご相談ください。
パートナーとなる税理士について、ここでは詳しくご紹介していきます。

税理士と公認会計士は、どちらも税務や会計などを中心とした業務をしますが、それぞれに独占業務を持っています。請け負う案件も異なります。相談の内容ごとに適切な専門家に相談をしましょう。

税理士を雇う際に大切なことは相性です。立場の違いはありますが、経営者も税理士も人間同士の付き合いになるため相性が合わなければ本来スムーズに進むべき仕事がぎこちなる可能性があります。

会社を起業する上で、税理士のサポートは不可欠です。経営者は業績を上げることに専念し、経理処理などは税理士に任せるなどの役割分担をするとスムーズに進むでしょう。

不動産投資は、物件を購入し家賃収入を得ることや、売却して利益を得ることですが、節税にも取り組む必要があります。不動産投資で節税を行う際は、税理士に相談することをおすすめします。

飲食店を起業した際には、様々な面で資金が必要となります。信頼できる税理士に相談することで、情報収集しやすくなり資金調達が有利になるのです。飲食店経営に詳しい税理士と契約しましょう。

不動産投資では、様々な税金が発生します。多くの税金や経費を把握するのは、難しいので不動産投資をサポートしてくれる業者や、税理士などの助けを借りることもできます。

子どもの将来を考えた不動産投資では、物件の使い道や投資目的を考えた物件選びが重要になります。不動産投資で購入した物件が将来の財産となるので、価値を見極めた物件選びが大切です。

不動産に関する資格はたくさんありますが、不動産投資を行うために必要な資格はありませんが、資格保有者がどのような知識を持っているか知っておくと、不動産投資を行う上で役立つはずです。

不動産投資でトラブルが発生することがあります。不動産の購入時など発生しやすいトラブルについて知っておきましょう。特に詐欺や融資利用特約に注意しなければなりません。

不動産投資をする前から節税対策の準備をしておきたいという人も多いのではないでしょうか。事前に準備しておくことで、不動産から得られる収益を多く手元に残すことができます。

世界の中でも高齢化先進国である日本の需要を考えると、サービス付き高齢者向け住宅で不動産投資を検討する人が少なくありません。運営するメリットやデメリットについて知っておきましょう。

不動産投資の収入は家賃です。空室率を下げるかが不動産投資のポイントです。また、現物資産が手元に残るメリットがあります。ローン返済後はキャッシュフローが改善され、年収も上昇します。

PAGE TOP